2017年11月17日金曜日

とりあえず☆7の評価

まだ☆7にできたカードは11枚しかないのに、その一方で☆7対象カードはどんどん増えています。
これだけ増えてくると、☆7コンプというのは無理なので、どれを☆7にすべきか、という選択が必要になってきます。
私が☆7にしたのは、魔導、初代、すずらん、童話、SUNの5種類ですが、それらのスキルおよびとっくん強化の内容を見て検討してみました。


☆6☆7とっくんSP(リダスキかスキルの選択)
魔導学校リーダースキル同色属性の攻撃力を2倍に同色の攻撃力を3倍に
スキルこのカードの5倍の攻撃力で全体攻撃10倍の全体攻撃
初代リーダースキル全ステータス1.42攻撃、体力が2.5倍。回復2倍。
スキル発動ぷよ数50個で、3色のぷよを自属性色に変換発動ぷよ数が45個に減少。ぷよ変換後にプリズムボール2個追加40個でスキル発動。全色を自属性色に変換。プリズムボール追加はなくなる。
SUNリーダースキル同色の体力を2倍に同色の攻撃力1.5倍、体力同色の体力3.5
スキル5ターンの間、有利属性の相手の攻撃力を80%減少90%減少3ターンの間、99%減少
すずらんリーダースキルターン終了時に2.5倍の攻撃力で追加攻撃3.5倍の追加攻撃自色の体力を2倍に、追加攻撃が2倍の全体攻撃
スキル1ターンの間、同色の攻撃力を3倍に3.5倍に2ターンの間、倍に
童話リーダースキル同色の攻撃力倍率に、(スタメンの同色カードの枚数 - 1)×0.3 をプラスする
最大+1.5で2.5倍に
×0.5のプラス
最大+2.5で3.5倍に
同色の体力を2.5倍、攻撃を3
スキル3ターンの間、消せるぷよ数が5個増える(同時消し係数4倍)7個増える2ターンの間5個増える(同時消し係数5倍

文句無く☆7にすべきなのは、初代と童話。ワイルドさんを使って☆7にする価値があります
リーダスキルおよびスキルの底上げは、現環境にも通用するものです。
初代はとっくんしてリーダースキルをSPにすれば、フェスカードなみの強さになります。
童話もリーダースキルをSPにすると、非常に使い勝手のいいカードになります。

それに比べると、魔導とすずらんは、今ひとつ。
しかし、魔導はガチャやクエストでよく落ちてくるので、時間さえかければ☆7にするのは難しくなさそう。すずらんも定期的にぷよP交換に出てくるし、襲来イベントもあるので、これも☆7にするのは難しくなさそう。
だから、魔導とすずらんはワイルドさんを使わないで、時間をかけて☆7にすることを目指したい。

SUNは微妙
そのスキルは役に立ちますが、使いたい場面はそんなに多くない。
だから、あえて☆7にしなくても充分なのではないかとも思える。
初代と童話が☆7になっていて、ワイルドさんが余っているなら、☆7にしてもいいかなという感じ?

☆7 キキーモラ

キキーモラを☆7にしました。




リダスキは、「体力2倍」→「攻撃力1.5倍、体力3倍」と強化。
体力3倍は現環境でも充分なレベルですが、攻撃力1.5倍では力不足のような。


スキルは「80%減少」→「90%減少」に。
きっちり、能力の底上げをしてきたという感じです。

とことんの塔で使っていますが、ボスの強烈な全体攻撃を1度だけ耐えるために使っています。
使えるスキルを持っていますが、☆7にへんしんさせても、リーダーとしては力不足。
積極的に☆7にする必要性はないように思います。

2017年11月16日木曜日

コラリアで とことんの塔・青25Fをなんとかクリア

とことんの塔、なかなか進みませんが、なんとか青の25Fをクリア。


喫茶リンゴの自動回復では追いつかないので、☆7ドラコのリーダースキルをSPにして、体力と攻撃を強化したデッキで行きました。


それでも、ラスボスの全体攻撃が怖いので、コラリアを入れました。
コラリアのスキルは、
3ターンの間、有利属性の盾(青盾)をつけるというもの。

ラスボスが出てくる前の第3ステージの最後に、相手のコビット1体を残して
コラリアと司書官がスキル発動可能になりました。
ここで、コラリアのスキルを発動。全カードに青盾がつきます。
次に司書官のスキル発動。コビットを倒して、第3ステージが終わります。

スキルを発動しただけで、まだターンは経過していないので、青盾の有効ターンの3ターンはそのままで、第4ステージに入ります。
つまり、3ターン目に剣士シグが全体攻撃をしてきた時にも、まだ盾は有効のままです。
シグの第一撃さえ耐えられれば、後は粘ってスキル貯めをしながら、相手を削っていくだけです。
私は、闇の天使(回復、復活)、重装兵(かばう)、くのいち(ターン追加)、剣士(全体攻撃)の順で削っていきました。

他の色は、潮騒の騎士を持っていないし、リダスキの強化もできていないし、とことんの塔をクリアするのは、まだまだ先になりそう。

2017年11月13日月曜日

かせき発掘祭り 赤ワイルドさんゲットで投了

かせき発掘祭り、4万個を超えて赤ワイルドさんをゲットしたところで投了。


同じような人が多いようで、4万個集めても3万位以内に入るのがやっとでした。

配布カードの「研究熱心なネロ」は、悪くない能力ですが、赤アミがあるので使わないでしょう。図鑑の穴埋め要員です。




2017年11月9日木曜日

漁師のお供に助手シリーズを

漁師の特長は、雅楽師に比べて5個早くスキル発動できること。
そして、その「速さ」をさらに活かせるカード、助手シリーズが出ました。

漁師と同じ30ぷよでスキル発動。
好きなぷよを6個同色に変換する。
漁師と助手のスキルが同時発動すれば、最低でも11個のスキル貯めができます。
つまり、次のターンには40個のスキルが貯まって、フェスカード等の強力なスキルを使えるということです。

実際に使ってみると、ものすごく強力です。
漁師スキル+助手スキル+11個以上のスキル貯め~次のターンに40ぷよスキル発動

ここで、童話のスキルが発動すると、2ターン後には、また漁師と助手のスキルが使えるようになります。雅楽師でも、うまく回ればこのくらいにはなりますが、漁師+助手のコンビは、最初のスキル発動が、雅楽師より確実に1ターン早くできます。

6ターン目に、漁師と助手のスキル発動。

7ターン目には、他のカードのスキルが発動。



漁師、助手、童話で3枚も枠を埋めてしまうと、残り2枚とサポートを何にするか難しくなりますが、すさまじい速さでデッキが回るので、強力なスキル攻撃ができるカードなら何でもいい。童話を☆7にして特訓すれば、体力強化、攻撃強化を童話リーダーで充分やれるので、けっこう選択の幅があるのではないかと。

ということで、助手シリーズは、漁師を使う単色デッキの必須カードと言っていいでしょう。

2017年11月7日火曜日

新しくなったみんなとバトルについて

みんなとバトル、簡単になったせいで、1万LPとっても、1万位以内に入るのがやっとになりました。



アップデートで、みんなとバトルがCOM戦だけになりました。
そのせいか、バトル中に動かなくなって待たされたり、というようなことがなくなりました。やはり、対人だと双方の同期をとるのが難しくて、うまく動かせなかったのでしょう。
操作性はよくなりましたが、それはサーバーや通信の負荷が減ったせいだけでなく、相手が弱くなったせいもあるかもしれません。

ぷよ消しのスキルがまだまだ、ということもあるでしょうが、それ以上に、相手の状態を見てぷよ消しを止めたり、妨害してきたり、というようなことができていないような。と言うか、おそらくCOMには、そういうのは無理なんでしょうね。
だから、こちらの盤面がよほど酷い場合でなければ、あっさり勝ちます。
最初のグループがやられても、粘ってやっていけば、結局勝てます。
なんだか、COMには最後まで粘って勝とう、という感じがないような。

結果、回数こなした人がランクの上位に入ります。どんなにぷよ消しがうまくても、いいデッキでも、回数こなせなければ下位に沈みます。
だから、はっきり言って、つまらない。

前は召喚士だらけの相手にうんざりしながらも、逆にどうやって勝つか、嫌がらせをするか、なんてことをやって面白がることもできたのですが、今は、プースラと経験値を稼ぐためにやっているだけです。

で、どうせCOMが操作してくれるのなら、自分が作ったデッキと対戦してみたいのですが、そういうシミュレーション機能はできないもんでしょうかね?


2017年11月6日月曜日

助手シリーズは使えるかも?

化石発掘祭りの特攻カードの助手シリーズ。
無料ガチャでもらったのが、赤のロザリー。




スキルは30ぷよで好きな場所のぷよを自色に変換する。
☆4で4個、☆5で5個、☆6で6個。

星の魔導師より変換できる数が減っていますが、発動が30ぷよと早いので、意外に使えるのではないかと。

私は、スキル発動を早くするために、漁師と星の魔導師を組み合わせることが多いのですが、漁師のスキル発動が30ぷよ(私はスキルレベル上げして、だいたい27)、星魔導師が35ぷよ(スキル上げして32)なので、まず
漁師のスキルが発動~次のターンに星魔導師のスキル発動~次のターンに40ぷよのスキル発動
という流れになっています。

助手は漁師と同じ30ぷよでスキル発動するので、うまくすると、

漁師のスキル発動+助手のスキル発動+10個以上のぷよ消し~次のターン40ぷよスキル発動

という流れにできるかも。
漁師のスキル発動と助手のスキル発動を同時にできれば、最低でも11個のぷよ消しが可能になります。

つまり、勝負を決めるスキル発動を1ターン早くできるかもしれません。
ギルイベのボス戦で、あと1ターンで・・・、ということがけっこうありますから、このカードは研究してみる価値があるかも。