2016年7月31日日曜日

「ぷよ」をSF風に考えてみる

小学生の頃からSFが好きで、ありえないものに、へ理屈をつけて、あるかもと想像してしまうところがあります。
ぷよクエについても、その背景にある世界観や「ぷよ」という存在について、いろいろ妄想しています。
以下は、個人的な妄想でしかありませんので、ゲームには何の関わりもありませんし、そもそも何の役にも立ちません。


まず、「プワープアイランド」とはどういう場所であり、「ぷよ」とは何であるか?
ここは、話を単純にするために、
プワープアイランド=ぷよが空から降ってくる島
ということにしておく。


では、ぷよとは何か? 
同色のぷよが連結することで、魔導師たちが攻撃等の力を使うことができます。
ということは、なんらかのエネルギー体であると考えられる。
そこで、
ぷよ=物質化したエネルギー
という仮説をたててみます。


アインシュタインの有名な方程式
E=mc^2   ( ^2 は二乗のこと)
にあるように、物質の質量や運動量は、エネルギー量と等価である。
しかし、等価であると言っても、簡単に物質を光や電気とかのエネルギーに変えたり、エネルギーを物質化したりすることはできません。


それを簡単に変換できる特異な物体が「ぷよ」であるとします。
ぷよは、あらゆるエネルギーに変換可能な、それもたやすく変換できる、エネルギー体である。
物質化したエネルギーと言ってもいい。
あらゆるエネルギーに変換できる。
燃やせばよく燃える。瞬間的に大量燃焼すれば、大爆発を起こすことも可能である。
直接、光や電気に変換することもできる。
また、その逆もできる。熱、光、電気等のエネルギーをぷよに物質化することも簡単にできる。
さらに付け加えれば、ぷよは食える(はずである)。ぷよを体内に吸収して、成長のための物質、運動のエネルギーに使うこともできる。

では、ぷよはどのようにしてできているのか?
その研究をしているのが魔道師である。
しかし、今のところ、ぷよの現象やその利用方法の研究が主で、基礎となるぷよの構造や発生理由については未解明のままである。

いまだ理由はわからぬが、ぷよはプワープアイランド上空の特異点で発生し、島に降ってきている。
発生時点では、ぷよの種と呼べるような大きさだが、地球の重力に引っ張られて島に落ちていく。その時にも重力=位置エネルギーを吸収しながら落ちてくる。だから、ぷよは落ちながら大きくなっていく。しかも、降下速度はぷよに吸収されてしまい、ゆっくりと落ちてくる。


ぷよは、物質化したエネルギー体であるが、そのままでは、すぐに燃えたり、光になったりして、安定しない。物質として安定しているのは、5色に分離したぷよである。5種類のぷよが混在し、4つ以上連結していない状態では、物質のままであり、エネルギー変換は起こらない。
空から落ちてくる間に、連結したものはエネルギー変換してしまうので、地上に降りてきたときには、安定した物質の状態になっている。

魔導師は、ぷよを研究し、ぷよを効率的に利用する方法を考え出した人々である。
エネルギーの取り出し方、利用の仕方で、いろいろな流儀、流派に分かれている。


初代と呼ばれる魔道師たちは、ぷよの色を変える方法を研究した。
一定量の同色ぷよのエネルギーをためて放出すれば、大量のぷよを、その色に変えることができるのを発見した。これにより、大量のぷよから単色のエネルギーを取り出せるようになった。
技術的には1つのぷよから取り出せるエネルギーを無駄なく効率的に使う方法が開発され、従来の2倍、3倍のエネルギーを操作する魔道師も現れた。
解放されたエネルギーは、バトルで直接使ったり、素材に再変換される等している。


ぷよは、いろいろなエネルギーに変換できる。また、ぷよの種があれば、エネルギーをぷよに再変換することも容易だ。
今では、取り扱いやすいように、光ケーブルやマイクロウェーブを通じて、世界中のいたるところで、ぷよを呼び出すことが可能になっている。
呼び出されたぷよは、混在している状態を整理し、同色のぷよをくっつけることでエネルギーに変換できる。
それを誰でもできるように、単純で扱いやすいインターフェースに整理した装置がぷよ消しなのである。


魔道師は使える色が決まっている。
赤ぷよのエネルギーを使う魔道師は、自身の体を赤以外のぷよエネルギーで物質化し、安定させることで、自身の肉体を赤ぷよのエネルギーの通り道とし、強力な技を使えるようにしている。
そう、魔道師は本来の意味で、すでに人間ではないのだ。彼ら自身がぷよと同じエネルギー体なのである。魔道師の修行とは、自身の肉体をぷよ化することである。


ぷよを食えば、直接、血と肉になり、筋肉を動かす。
直接食べることをためらう人は、ぷよに植物を植えて育てている。育った植物の葉や実を食べている。
どうやら、プワープアイランドで暮らしている人間や生き物は、プワープアイランドのものを口にすることで、魔道師でなくても、その肉体はぷよと同質のもに変質しているらしい。


そして、最近ではドッペルゲンガーがあちこちで出没しているらしい。
魔道師自身の肉体がぷよ化しても、アイデンティティは魔道師自身のままである。
しかし、ぷよ化した肉体は、たやすく転写複製が可能である。
何かのきっかけ、または誰か(?)の悪意により、肉体のみが複写されてしまったとしたら?
ドッペルゲンガーたちは誰のどのような意思によって動いているのだろうか?
それとも、意思のないゾンビのようなものなのか?

また、ぷよをエネルギーに戻すのではなく、別の物質に変換する方法を研究している魔道師もいる。錬金術である。錬金術師たちは、成長素材とよばれるアイテム等をぷよエネルギーから作り出している。それらを取り込むことで、プワープアイランドの住人は、自身の肉体を進化変形させられる。

ガチャは、ぷよエネルギーを利用したテレポート装置であると考えられていた。魔道学校の生徒たちは、この装置によってプワープアイランドにつれてこられたと思っている。しかし、ドッペルゲンガー現象が多発しており、つれてこられた=移動したきたのではなく、複写されたのではないか、元の本人は元に世界にそのまま存在しており、プワープアイランドにやってきたのは、コピーではないか、と考えられるようになっている。
また、生命体を合成し新しい生命体を創造できるのではないか、というものもいる。


八つ当たりマルチ激辛三連発

応援しているサッカー・チームが負けたので、


八つ当たり気味に、ぷよクエに参戦。













そうすると、こういうノリのいい人まで出てくる。






そんなこんなで、マルチ激辛を三連続でクリア。













でも、



2016年7月29日金曜日

リアルタイム対戦バトルについての感想

一番の欠点は、人間を相手にバトルをしている感じがしないこと。

マルチプレイでは他のメンバーと協力して戦っている、という感覚があり、それが面白さになっている。それは、たぶんクエスト中の短いコメントのせいだろうと思いますが・・・

対戦バトルでは、コメントを入れる余裕なんてない。というより、相手の盤面を見ている余裕もない。だから、人間を相手にしている感じがしない。CPU相手のバトルと、どう違うのかすらわからない。

ダメージを相殺するという方式も、はたして良かったのか? この方式のせいか、勝つときは一方的に勝つし、負けるときは一方的に負けているような気がする。

この方式だと、とにかく攻撃力を高くすることが重要。賢者リーダーと、強力な副属性カード2枚で5色そろえて攻撃力3.4倍にするのが一番強い。
極端なことを言えば、常に相手の攻撃を上回っていれば、体力が1でも勝てる。

また、たぶん、単色よりも多色のほうが有利だろう。目的の色ぷよを消せれば、単色の爆発力はすごい。だから、ボスをリーダーにした単色デッキも悪くはない。相手より高い攻撃力を出し続ける限りはダメージを受けないから、常にリーダースキルの体力Maxで攻撃3倍を維持できる。
しかし、単色は目的のぷよを消せないリスクがある。

また、攻撃参加するカードの枚数が3枚しかないことが、単色には不利になるかもしれない。
目的のぷよを1回消しただけのとき、単色デッキは3枚とも攻撃に参加する。
しかし、これは通常のバトルのときの半分の攻撃しかできないということである。
多色デッキは1回消しでは単色より弱いが、その他のぷよも消して、2連鎖、3連鎖すると、単色デッキよりも攻撃力が高くなる。
単色デッキは、目的のぷよを連鎖の最後で消すとか、同時消しをするとか、それなりのぷよ消しテクニックを発揮しないと、ぷよをたくさん消せばいいだけの多色デッキにかなわないかもしれない。

2016年7月28日木曜日

デッキを「構築」することが無意味になってきている?

ぼうけんクエストのミッションをクリアすると、魔導石をもらえるので、今、ぼうけんクエストを回っています。私のようなチョットだけ課金のプレーヤーにとってはありがたいことですが、やっぱり一度クリアしたクエストをもう一度回るのは面倒なので、オートプレイを使って回しています。

賢者をリーダーにして、キノコとかの多色カードをそろえて、くろシグや赤アミにサポートをお願いすると、オートプレイで充分クエストとミッションをクリアしてしまいます。
この間まで、緑単デッキで苦労してクリアしたクエストも、簡単にクリアしてしまいます。

こうなると、自分でオートプレイを使っていながら、言うことではないのかもしれませんが、ちょっとなあ、と思ってしまいます。

もともとTCG(トレーディング・カード・ゲーム)をやっていたので、ぷよクエにおいても、デッキを構築することに主眼を置いて、カード集めと育成をしてきました。

ユーザーランクが低い頃は、低コストで弱いカードを使って勝つためにどうするか、ということで ふふふ をリーダーにしたタフネスデッキを構築してしのいできました。
さすがに、ユーザーランク100を超えると、それでは勝てなくなったので、10個120円のセールを利用して少額課金ながら少しずつ漁師や童話をそろえて、緑単色デッキを構築し、それなりに勝てるようになりました。



ところが今や、くろいシグと赤いアミティを中心にした多色デッキが幅をきかせている環境です。
多色「デッキ」と言っても、単に色を分けて強いカードをそろえればいいだけ。スキルやコンビネーションを考慮しなくても、カードの能力さえ高ければ、それで問題なし。
デッキを構築するのではなく、強いカードをそろえればいい、そういうゲームになってしまっているように思います。

そこに現れたのが「対戦バトル」。これまで構築したデッキは使えず、対戦用のデッキを作らなければならないし、そのデッキはリーダースキルしか使えないし、ということで、今のところデッキを構築する楽しみが見当たりません。
バトルそのものも、対戦している感覚が持てないので、のめりこめませんでした。

2016年7月25日月曜日

オートプレイ

今日のデイリーミッションのように、ぷよを4000個消す、なんてときにはオートプレイを使ってこなしていきます。そこそこ耐久性のあるデッキで、テクニカルの時空の旅人をオートプレイでやらせていると、朝ごはんを食べている間に1000個近く消してくれました。
悪くはないんだけど、これではゲームではなくて、朝の定例作業だよなあ。これでいいのか?



2016年7月23日土曜日

金トロフィーの値段?

プワープカップは初段に到達して、ヌバも☆5に変身できました。

私はちょっとだけ課金でやているので、石を使わずこの後どれだけがんばっても30000APにはたどり着けないと思います。だから、それなりに、ギルド内順位を1桁にできれば、と思っています。もっとも、レーヴの中では、1桁になるのもけっこう、たいへんですが。

前回のプワープカップでは、ギルドのメンバーが金トロフィーを獲得しました。96668APで634位。
ということは、少なくとも9万APを獲得しないとトロフィーの可能性はないということです。非課金の限界が3万APだとすると、その差6万APは、石を使って獲得しなければなりません。


もっとも効率よくボーナスタイムでAPを稼いだとすると、まりょく30で300APを獲得できます。
6万÷300=200
つまり、200回 石を使ってまりょくを30に回復しないと、9万APには到達できません。
石200個は約1万円。
つまり、金トロの値段は1万円ということになります。

ゲームを楽しむのにお金がかかるのは当然です。
私もそれなりのお金で、それなりに楽しんでいるつもりです。
でも、お金をかけない限りどうにもならないレベルがあると、少しやる気がなえてしまいます。
自分でお金を出さないのだから、しかたないんですけどね。


2016年7月21日木曜日

シェゾ松さんデッキ

現在開催されているプワープカップというイベントで使用しているデッキが、このシェゾ松さんデッキ。


ふだんのクエストでは、サポートにもシェゾを選んで、シェゾ6人で戦う(だから、シェゾの六つ子、シェゾ松さん)という、ネタデッキに近いしろものですが、プワープカップでは、けっこう使えます。
ボーナスタイムでは、カードのどれかのスキルを発動できるので、このデッキなら必ずシェゾの初代砲を打ち出せるわけです。ただ、まだ☆5のヘタレが多いので、通用するのはせいぜい2級くらいまでですが。
とにかく時間の節約になります。10分間のボーナスタイム中に、10回回復して、一気に3000ポイントを稼げます。


所属ギルドは レーヴ

ぷよぷよクエストは、ひとりでもできるゲームですが、ギルドというグループを作ることができます。
私は1年前に、現在所属しているギルド「レーヴ」に加入しました。
今のように、毎日、ぷよクエをするようになったのは、レーヴに加入してからです。
ギルドには「星の時計」という名前を使っています。
この名前にした理由は、加入当時のメイン・キャラがリデルだったから。



つまり、「星の時計のリデル」、昔読んでいたマンガのタイトルです。

このギルドは、年齢層が高そう、女性も多いみたい、ということで、私にとっては居心地のいいギルドです。
年齢層が高いのか、掲示板の言葉使いは皆さんていねいです。
女性が多いせいか、どーでもいいような話題をアップしても、コメを返してくれます。

ゲームの内容以外に、どんな会話がされているかも、さしつかえない範囲で紹介できたらと思います。