2017年2月28日火曜日

あいかわらずガチャ運なし


セイリュウや、アコール先生、漁師、星魔道師とか、いいカードも入っているけれど、
やっぱり、ガチャ運いまいち。

2017年2月22日水曜日

みんなとバトル 4000LP届かず、6264位


わりと順調に行けてたので、今回は4000LPとれると思ったのですが・・・

3990LPになってから、最後、4連敗。おかげで、S2からS3になってしまったし。

我ながら勝負弱いです。

レガムントと黄あやクルにはけっこう勝てるようになったんだけど、べストールがなぁ・・・。勝ったと思っても、生き残ってるからなぁ・・・。


2017年2月20日月曜日

チョコレート収集祭り 32299位


ペルヴィスをSに変身させるのに25000個必要だったし、
30000個で紫の秘伝書をもらえたので、
かなり獲得数のレベルが上がっています。

うちのギルドでも、20名が25000個以上獲得しています。

やる気の水を配布したり、特攻キャラを無料ガチャで配布したり、初代キャラを特攻キャラにしたりと、いろいろありましたから、獲得数のレベルがあがるのは当然なんですが、
「おもしろかった」というよりも、「前より時間がかかった」というのが本音だったりします。まあ、いろいろたくさんもらえたから、それでいい、とも言えますが。

2017年2月19日日曜日

みんなとバトル 8連敗でS1からS3へ

みんなとバトル、8連敗したら、S1からS3に落ちました。
たぶん、8連敗くらいしている。
もしかしたら10連敗かもしれない。
でも、6とか15とかいうことはない。

で、さっき連勝したら、S3からS2に上がりました。

以前から、S1、S2、S3の勝率計算が疑問だったのですが、
たぶん、水曜15時の開始時からの勝率ではなく、直近何試合かの勝率を計算しているのではないかと思います。

で、次の仮定の下で、何試合くらいを見ているのかを計算してみました。
仮定1.直近の何試合かで勝率を計算している。
仮定2.S1の割合:S2の割合:S3の割合は、常識的に考えると、
2:6:2(きつめ) か、 3:4:3(ゆるめ)
だと考えられる。ここでは、ゆるめの 3:4:3 だろうと仮定する。
仮定3.私は8連敗してS1からS3に落ちた。ここから、S2の範囲の試合数が8試合である(=8連敗して、勝率が4割下がった)と考えられる。

以上の仮定から、S2の範囲が8試合分なのだから、仮定2と仮定3から
S1:S2:S3=3:4:3=?試合:8試合:?試合=6試合:8試合:6試合
ということになる。
つまり 6+8+6=20 となり、
直近20試合の勝率で、S1,S2,S3を判定しているのではないだろうか?
そして、勝率7割以上でS1、3割以下でS3、他はS2ということでは?
7割と言うときついようだけれど、2勝1敗で6割6分です。そのくらいのペースで勝てばS1ということでは?

ま、仮定の上に仮定を重ねての当て推量ですが。


2017年2月16日木曜日

チョコレート収集祭り シェゾ松特攻


第4回チョコレート収集祭りの真っ最中ですが、もらった「恋するペルヴィス」は、悪くはないけれど、かわったエコロの劣化版という感じです。初心者なら使えるかも? でも、初心者だと、星6やSにするのが難しい?

恋するペルヴィス(星6)
 リダスキ:攻撃タイプの味方の攻撃と回復が×1.6
 スキル :スタメンの各カードが攻撃×スタメン属性数×0.5

かわエコ
 リダスキ:味方全体の攻撃と体力が×2.5 回復が×1.5
 スキル :スタメンの各カードが攻撃×スタメン属性数×2

まだ、恋するペルヴィス・Sには変身できてないのだけれど、もう少し強化されるのだろうか?

今回の収集では、初代にも特攻がついているので、シェゾ松さんたちを控えにしたデッキでやってます。(ねこ耳の一松はおやすみ)


うっとうしい連中ですが、けっこう活躍しています。

2017年2月14日火曜日

ふつう、こんなデッキは組まないよなぁ。 割合デッキ

ギルイベでは、こちらの手持ちカードだけでなく、ボスの攻撃や色、使えるサポートによって、デッキを変える必要がでてきます。
だから、ふつうのクエストだったら組まないようなデッキで参戦することもあります。


色のあう魔法使いがいないし、サポートにも青のタフネスがない状況だったので、このデッキのサポートは緑色の「ふふふ」です。それでも、Wタフネスです。
可能な限り速くスキルを貯めるために、積めるだけのぷよ加速カード、雅楽師、星魔道師、漁師を積みました。
攻撃はマーギンで割合を決める、これだけを目指しています。

こんな苦し紛れのデッキでしたが、うまくいくときはうまくいくもので、最初に落ちたのが2度目の攻撃を受けたリーダーの狩猟民。これに代わってリーダーになったのが、タフネスのマーギン。さらに、控えの童話グレイスが出てくるという、一応想定していたけれど、そんなにうまくいくはずがない、と思っていた展開そのものに。
3枚目のタフネスが出てきた上に、相手が単体攻撃だけ(とは言え、一発でやられるくらい強烈)のボスで、しかもマーギンを攻撃してこなかったので、結果的に4回割合攻撃を決めて2680万出しました。



これも、同じようなデッキですが、赤色バージョン。



サポートも狩猟民アンバでした。
ボスがスキル発動ぷよを6個追加する攻撃を執拗にしてくるので、こちらは漁師に加えて、星魔道師と、同じスキルをもつハロウィン悪魔のヘドを投入。さらに、控えにも漁師を積んでいる。
なんとか、ぷよ消しが追いついて、ドラウドの割合を1回だけ決めました。

割合を決めるデッキって、西洋妖怪を、タフネスか魔法使いで守って、漁師等で加速することだけを考えるので、まともでないデッキになるんでしょうね。

2017年2月13日月曜日

攻撃回復逆転ステージへの対応 まとめ

今回のラッシュでは、攻撃と回復のステータスを逆転させるステージが、早い段階から出てきました。
エッグマンの手下が出てくるステージが、逆転ステージになってました。



これへの対応は、攻撃のステータスに依存しないでダメージを与えられるスキルを使うことが主流になりますが、だいたい、以下の3通りだったようです。

1.冒険家+体力タイプデッキ

私が使っていたのがこのタイプ。
冒険家のスキルで、体力タイプのカードがMAX体力×4の攻撃をします。
強くはないですが、30ぷよ貯めれば、早い段階でそこそこのダメージを与えられます。
ただ、体力タイプ限定なので、カードの選択肢があまりありません。
体力強化のために、クールシェゾをサポにしていますが、クールシェゾ自体は体力タイプではないので、冒険家のスキルでは攻撃しません。
 デッキの説明は →こちらで


2.西洋妖怪、割合デッキ

魔法使いと狩猟民で、狩猟民スイッチを使ったデッキ。
相手が緑なので、こちらのリーダーは赤の魔法使いアルベルト。
主力が黄色なので、サポートに黄色の狩猟民メリナを使わせてもらいました。
割合攻撃をするインギール、ぷよ加速の漁師と星魔道師。
魔法使いのリーダースキルがうまく発動すれば、わりとすんなり西洋妖怪インギールの割合攻撃(相手体力の15%)が決まります。

で、さくらラフィーナもついでに入れておきました。
さくらラフィは1万×6の固定攻撃=攻撃ステータスに依存しない、ので入れました。剣士ラフィがあったらなぁ。


3.ねこガールズ・デッキ

私のねこ達は発育不全で、実戦投入できないので、このタイプのデッキは試していません。ですので、以下は参謀コメントの受け売りになります。





4.そのほか、ギルドメンバーそれぞれに試行錯誤していました。



どれも、そこそこダメージを出せますが、決定打を打てるデッキではないので、クリアするのに時間がかかりました。
たぶん、ふつうのボスの2倍強、20分くらいの時間がかかったと思われます。
200番台から逆転ステージが出てきているので、うちのギルドの場合、12回くらい逆転ステージにあたっているはず。1回に10分余計にかかっていたとすると、
10分×12=120分
で、前回より2時間遅くなったはずです。
今回、クリア数の記録達成ができませんでしたが、やはり逆転ステージに時間がかかったせいだと言えます。


(追記)
私の手持ちで、ねこガールズ・デッキを組むとこんな感じ?

例によってクールシェゾはサポート頼みですが。

シャルルのスキルは、残HPが基準になってますから、スキル発動前に体力を回復しておくために、にゃんぐるみぃを入れてみました。攻撃回復逆転だと、ユウちゃんレイくんの回復力がかなり落ちるので、最大HPの50%回復のにゃんぐるみぃを使ってみようかと。うまくいかないようだったら、ユウちゃんレイくんの攻撃力をアップさせて入れ替えます。

サロメ、雅楽師シグレ、にゃんぐるみぃが体力タイプなので、冒険家アンジェラも入れてみました。

ねこガールのシャルルはやっと星5でしかないし、にゃんぐるみぃが機能するかどうかは、やってみないとわかりませんが、次回のギルイベまでに育てて、実戦に投入できるようにしたいと思います。

(追記の追記)
にゃんぐるみぃ、使えそう。リーダースキルで強化した体力に対して、その50%を回復してくれます。攻撃前の体勢整備よりも、攻撃後の回復に使えそうです。 →こちら

(追記3)
あと、闇の天使を使うデッキもあります。→こちら
うちのギルドでのサポートが少ないので、あまり使っていませんが、こちらのほうが正攻法なのかもしれません。

さくらラフィ+Wディーナ 今回の700体目は1時間かからずクリア

今回も700体目は通常攻撃無効+全色盾。
通常攻撃無効だと、スキル発動での攻撃でないと、攻撃そのものができません。
色盾があると、攻撃できても、効果が100分の1になります。

私は前回と同じく、Wディーナ+さくらラフィーナのデッキで参戦。
通常攻撃無効なので、ディーナのマヒが決まると、スキル攻撃をしない限り、ふつうにぷよを消して、スキル貯めをしていけます。
さくらラフィはスキルで固定値攻撃をするので、色盾の影響がありません。

ボスが紫色で、黄色の魔法使いを使って狩猟民スイッチを使うことができないので、リーダーとサポートをインギール2枚、Wタフネスにしました。


全体攻撃を2回受けて、全カードが体力1の状態で、ディーナのスキルが発動。
ここからは、1枚目のディーナのスキル発動。

ボスの行動をマヒで拘束しながら、黄色ぷよを消して、さくらラフィとインギールのスキルを発動できるようにする。ただ、さくらラフィとインギールの必要ぷよ数が異なるので、少しややこしい。
さくらラフィの攻撃力が大きい(1万×6)ので、これを優先しながらも、マヒの残りターンとスキルを使ったディーナのぷよ貯め状況を確認しながら、いつラフィで攻撃するかを考えなければなりません。

全色盾があるので、インギールの割合攻撃でも5000~7000程度の攻撃しかできませんが、それでも2枚ある重要な攻撃手段なので、ラフィで攻撃するときに、インギールの攻撃も、ラフィの前に使います。こまかいことですが、残り体力の15%の割合で攻撃するので、ラフィで相手の体力を削る前に、インギールで攻撃したほうが900多い攻撃になります。

ラフィの攻撃後、2枚目のディーナのスキルで、ボスをマヒで拘束。
以下、同じことを繰り返します。

これだけ気を遣って、4~5回さくらラフィの攻撃を決めても、30万~40万しかダメージをだせません。
剣士ラフィを持っていれば、確実に100万以上のダメージを出せているのに。

残念。

(追記)
なお、実際に700体目を倒したのは、今回もクロミでした。

6億超え

今回のイベントでの最高ダメージは、ノ○さんが659体目で出した6億1349万9539でした。

せ☆#-さんもがんばって、連続して3億超えをしていたのに、それをはるかに超えての6億でした。
もう、異次元すぎて、ついていけません。

エッグマン・ラッシュ結果 756体 885位(追記)


倒したボスの数は前回771より少ないですが、
ギルド順位は前回929位より上がりました。
他のギルドも、今回のボス、特に逆転ステージにてこずったのでしょうか?

ボス時間(分)1体当り
1001日目17:001201.2
20021:402802.8
3002日目8:346546.54
40020:467327.32
5003日目18:20129412.94
6004日目13:04112411.24
7005日目14:42153815.38
75623:485469.75

400体目までは、前回実績を上回ってましたが、その後遅れてきて、一時は2時間以上遅くなっていましたが、その後、少し盛り返して、756体という結果になりました。
課題の700体目は、57分でクリアしました。

2017年2月10日金曜日

ノ○さん、3億超え

このあと目指すは二桁10億越え?


2の31乗 - 1 =21億4748万3647を越えると、アプリが取り扱える数値の範囲を超えてしまい、バグらせることができます。(32ビットの整数型でダメージ計算しているからです)
マイナスの数字が結果に出るようです。

参謀 惜しくも2億に届かず(それでもすごいですけど)

前後の編集をしてませんので、下から読んでください。








↑下から上にログが続いています。

2017年2月9日木曜日

エッグマン+冒険家+紫単体力デッキ

エッグマンラッシュですが、現時点で20~30体ほど前回実績を上回っています。
ということは、前回実績771を超えて、800を目指せるペースということです。

同じデッキばかり使ってるのも飽きたので、せっかく手に入れたDrエッグマンを入れて、エッグマン+冒険家+紫単体力デッキを作って、参戦してみました。


すごく強くはないですが、そこそこ使えます。



210体目、240体目が攻撃回復逆転ステージだったようです。
エッグマンの部下がボスのときは、逆転ステージかもしれないので、用心が必要のようです。

(追記)
どうやら、10番、40番、90番のエッグメカが攻撃回復逆転ステージになるようです。
ねこガールズが効果的らしいのですが、私のねこは発育不全のため使えません。
冒険家デッキで出撃したら、時間はかかりましたが、何回かスキルを決めて、そこそこの結果を出せました。
ただ、相手の攻撃はかなり強力です。
体力の底上げが必要です。
回復のほうは、元の攻撃が大きなカードの場合は問題ないようですが。


2017年2月8日水曜日

みんなとバトル S2 7424位


準紫単デッキでやってみましたが、レガムントとかにはそこそこ勝っても、結果は前回並み。
色事故を懸念してたのですが、確かに何もできないバトルもありましたが、そんなにしょっちゅうあるわけではないので、単色デッキでも十分通用するようです。

現在のデッキは、まだプースラ等で強化する余地があるので、しばらく使っていこうと思います。

2017年2月7日火曜日

スルターナ+冒険家+紫単色体力デッキ

うちのギルドのサポートに、たくさんスルターナがいるので、作ってみたデッキ。
こんどのギルイベでの通常攻撃無効にも対応できるように、冒険家で紫単色の体力デッキにしてみました。


スルターナはこうげきタイプなので、冒険家との相性はよくないのですが、
スルターナの体力強化2.3倍が効いているし、
追加攻撃で刈り残しを刈ってくれるし、
30ぷよですぐにスキルが発動するし、
その後は雅楽師とか、切れ目なくスキルが発動するし、
ふつうのクエストでは問題なく使えます。
入れるカードをちゃんと考えれば、ギルイベでも使えるかも。
(クールシェゾがサポにいるなら、そちらが優先にはなりますが)

あと、スキル攻撃主体なら、攻撃回復逆転の場合でも使えるかも。

2017年2月6日月曜日

エッグマン・ラッシュの準備を

参謀が
と言っていて、
何をすればいいかなぁ、と思っているうちに


もうすぐ、ギルイベが始まってしまいます。

前回、司書官ラッシュの結果はこちら

参考:前回の準備についての記事
「司書官ラッシュの準備」
「こうげき、かいふく逆転?」
「冒険家+体力デッキ」


今回のボスは


なので、キリ番00のボスは紫、のようです。
ということは、魔法使いでターンを遅らせようとすると、黄色のミリアムをリーダーにすることになるのだけど、私のミリアムは星5でしかない。
それに、マヒをからめようとすると、ミリアムリーダーの黄色デッキということで、狩猟民メリナを使っての魔法使いスイッチができない。
マヒ盾もでてくるかもしれないし。
Wタフネスでしのぐしかないのかなぁ?

参考:
「司書官ラッシュ 700体目討伐記」


2017年2月3日金曜日

黄色なんかでぇっきれぇだ! くろポポでバトル


第一グループを重装兵にしたら、無駄に時間がかかって弱かったので、聖夜まほう使いに変更。
紫単ではなくなったが、やはり、こちらのほうが強い。Sリーグでは、最低2万以上の攻撃をできないと通用しませんね。
くろいポポイが「なぞ多き」だったので、こちらも差し替え。こちらは前より強力になりました。
現在、このデッキでS1 7767位。

順位が低いときは、レガムントにあまり会わなかったのですが、順位が上がるとレガムントが増えてきて、キリンの餌食にしています。
順調です。

(追記)私のくろいポポイの攻撃力は821しかありませんが、実際のバトルでは、相手のグループのカードの枚数×821の攻撃力となるようです。
つまり、通常だと821×3=2463 となります。
これは強い。


くろポポのカードに表示された攻撃力は1648でしたが、実際に攻撃するときは、それぞれのカード1枚ごとに1648(黄色に対しては倍の3296)の攻撃をしています。

フィニッシャー不在のバトルは、特定カードへの愛がなくなり、ファンを減らしていくのかもしれない

TCG(トレーディング・カード・ゲーム)には、フィニッシャーという、その1枚で勝負を決めるカードがあります。
ぷよクエで言えば、以前の環境でのアルルやシェゾの初代砲とかがこれにあたるかと思います。私がまだユーザーランク100未満だった時などは、うふふのチャンスぷよ発生スキルが、勝負を決めるフィニッシャーだったりしました。


以前の環境では、ぷよクエは、どうやってフィニッシャーのスキル発動を速く、効果的に使えるようにするか、というゲームだったと思います。
ぷよ消しは、フィニッシャーのスキル発動につなぐプロセスでした。
ぷよ消しの技を磨くのは、スキル発動を速くするためでした。
漁師や童話というカードは、ぷよ消しを加速するための、フィニッシャーをサポートするカードでした。
すずらんは、フィニッシャーの攻撃の効果を強化するカードでした。
相手の攻撃が強いなら、体力強化やタフネスをリーダーにしてフィニッシャーを生かすことを考えました。
デッキは、フィニッシャーのために構築され、ゲームはフィニッシャーを活躍させるためのプロセスでした。
だから、ゲーマーとフィニッシャーは一心同体のような感覚でプレーできたと思います。
(まあ、アルルやルルーを「俺の嫁」とまで思い入れしている人はいなかったと思いますが。)


で、現在の環境の話です。
現環境は、黒シグ、赤アミの登場からになります。
黒シグ、赤アミは、フィニッシャーではないと、私は考えてます。デッキを強化する初心者向けのサポートカードだと思います。実際、スキルは攻撃力を強化するというだけで、黒シグ、赤アミ自身が攻撃するわけではありません。
現環境でのフィニッシャーは、ヴァルキリー・アルル、かわったエコロ、はりきるドラコとかのカードだと思いますが・・・


黒シグ、赤アミの強化が大きすぎたと思います。特定のカードをフィニッシャーとして頼るよりも、各色の一番強いカードを並べるだけで、デッキとなり、しかも強い。どのカードで殴っても、勝負が決まってしまう。
つまり、フィニッシャーがいなくてもかまわない。そんな環境になってしまいました。


そんな環境で出てきた強力カードは、スキルの決め技が強力なだけでなく、
攻撃や体力の強化が黒シグ、赤アミと同じくらいあるから、スキル発動までの道中でも、条件付ではありますが、ものすごく強力な攻撃ができるようになっています。
結果、最初からぷよをたくさん消して殴り続ければいいだけ、というデッキになってます。
戦略不要、戦術不要、ぷよ消しスキルも最低限でOK。


レガムントなんて、リーダースキルが強力すぎて、スキルが忘れられている。


で、こういうカードが増えて、バトルをするわけです。
新バトルは、スキルを使えない=ぷよ貯めがいらない。最初から、ただただ、殴ればいいだけ。
そんな環境で、リーダースキルで攻撃を強化するカードが何枚も出てくる。
バトルスキルを持つカードもありますが、フツーに2万とか3万の攻撃をしかけてくるレガムントに対して、20ぷよためて1000の攻撃プラスって、何それ? というしろものでしかありません。


とにかく、今の環境では、特定のカードに思いいれをする余地がありません。
特定のカードのために、それをサポートするカードをそろえてデッキにしようと考えるより、別のもっと強力なカードをゲットするほうがいい、そんな環境になってしまっています。


フィニッシャー不在のバトルは、特定カードへの愛がなくなり、ファンを減らしていくのかもしれない
と、思うのでした。


え? 私のカードへの愛はどこにあるかって?

このへんかなぁ?






2017年2月2日木曜日

黄色なんか嫌いだ!! バトル紫デッキ

べストールきいろいあやしいクルークと、立て続けに黄色いカードが出てきました。
これにレガムントも入れると、黄色主力のバトルデッキができあがります。
実際、この3枚をグループのリーダーにしているデッキがいたりします。

もちろん、私はこれらのカードを持っていません
(正確には、ベストールは持っていますけど、星4のままです。)

ということで、これらのカードにだけ勝てれば、バトルもそこそこ行けるのではないかと考え、
今週は紫主力のデッキでバトルをすることにしました。



たいして強いデッキではないですが、手持ちのカードで紫デッキを作るとこんな感じ。
べストールが最初にくるケースが多いようなので、こちらもタフネス持ちの重装兵で対応。
主力は第二グループのキリン。第三グループはとりあえず「ナゾ多き」かわエコと赤アミで。

さっそく、ベストールと黄あやクルのデッキは倒したけれど、
他のデッキには、そんなに強くない。
色事故もあるし・・・

でも、黄色なんか嫌いだ!!

ということで、今週はこのデッキでいきます。



2017年2月1日水曜日

みんなとバトル S2 8658位


まあ、こんなところ。
ガチャでは、バトルに使えそうなカードは出なかったし、現状のまま、これより上にいくのは難しそう。
しばらくは経験値とプースラ稼ぎのためにバトルをするだろうけど、モチベーションは下がり気味です。